省話§クラシックの名曲で持っていないCD(Ⅰ)

実は! クラシックの有名どころのいわゆる名曲と呼ばれる
もので所有していないものがやたらと多いことに気がつく。

鑑賞歴ン十年を誇っているくせに何という体たらくであろう
かと思うが、本人は“超有名曲など脳内に入っておるわい”
と不遜に嘯いているのである。さて……

【バッハ】『管弦楽組曲1~4番』を持っていない。言い訳
にならない言い訳を言うと、再生装置がなくなったのにLP
のバッハ大全集100枚組を持っているので、バッハに関し
てはお目こぼしいただきたいのだが……。

書き出したらキリがない。オルガン関係は全滅である。勝手
な持論で「オーディオ再生装置ではオルガンの空気感は出せ
ん!」ということになっているのである。

それから、世俗カンタータはいくつか持っているが教会カン
タータのCDも持っていない。

チェンバロ協奏曲も持っていなかった……。

【ヘンデル】『水上の音楽』とか『王宮の花火』とかを持っ
ていない。ヘンデルで持っているというと『メサイヤ』とか
ヴァイオリン・ソナタ集、あるいは木管ソナタ集といったも
のである。オペラは一枚も持っていないはずである。ああ、
コンチェルト・グロッソも持っていないではないか。

バッハ、ヘンデルの時点でこうである。先が思いやられるが
次回はモーツァルトである……。彼だけで一話だな。

§ひだまり公開ウェブリリーダー§

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック