肝話§気が小さいに越したことはない

本来……嘘ではない……気が小さい性質である。

ところが、人間は本来の性質とは裏腹な行動を起こしたりす
るからおもしろいというか始末が悪いというか……。

気が小さければ“冒険”などはしないのである。漱石の『坊
っちゃん』のほとんど冒頭で、主人公が学校の上階から飛び
降りるシーンがあるが、これはまあ単なるおっちょこちょい
だと本人も述懐している。

小心者なので無理はしない。かなりのリスクが必要と思える
ような物事には手を出さなかったりもする。

ところが坊っちゃんと同じように、突然リスク云々を度外視
するかのような行動を取ることがごく稀にある。

時折、沸騰点が低くなってそういった行動に出たりもするが
普段は“温厚”なつもり、ではある・・・。

サークル“ビール純粋令”推奨協議会

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック