瀬話§年賀状を買う季節

販売総数が年々減っているようで、今年も前年比8%ほど枚数を減ら
しての販売が始まった。

ここのところ売り切れとかを心配することもなく購入できるが、それ
でも発売開始直後には確保するようにしている。

5年ほど前から“はがき印刷ソフト”を使って、その年に撮った写真
を入れ込んでプリントアウトしている。基本的なレイアウトもほとん
ど変えることなく、あとは写真を何点使ってどうはめ込むかというこ
とだけである。

自宅でプリントを始めた頃にはインクジェット用の年賀状も発売され
ていて、プリンターの性能の向上のおかげもあって、店に注文するの
と精度の差がない質の文面を送ることができるようになった。去年は
年賀状作成の直前に古いプリンターが成仏して、新たに6色刷りを導
入した。確かにきれいに仕上がるのと、インク詰まりがなくなった。

同時かつ大量に印刷するのは年賀状の時季だけで、普段はメイルの控
えとかホームページからピックアップした情報のプリントアウト程度
なので、前の機種のように間を置いてプリントアウトした時にしばし
ばインク詰まりを起こして往生させられてしまったが、そんなことも
なく動いてくれている。

インク代が高すぎるのが、メーカーの作戦とはいえ困ったものだ。

サークル“ビール純粋令”推奨協議会

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック