芝話§ミュージカル『ペテン師と詐欺師』

新聞の劇評が好意的だったので、久々に日本のミュージカルでもと思
って出かけてがっかりして帰ってきた。

いまだに鹿賀丈史や市村正親といったヴェテラン頼りという舞台事情
はまあ措くとして、周囲の役者の薄いこと。奥菜恵がミュージカル?
と期待したとおりお粗末だったことに始まり、宝塚トップだった愛華
みれの存在感の薄い芝居も明らかに期待はずれ。奮闘していたのは、
高田聖子くらいのものだが、彼女も踊りになると内股になってしまい
バックダンサーの内股度の高さとあわせて、この程度のミュージカル
でもこの程度なのかと思わされた。

いつも思うのは“そんなもの観にいった自分が悪い”ということで、
これでまた当分日本のミュージカルに出向くこともないだろう。

今回感じたのは、日本のミュージカルがブロードウエイの延長線上で
はなく、日本の商業演劇の延長線上に位置している、ということであ
った。

しかし天王洲銀河劇場はロビーから客席への構造が最悪で、3階席に
行くのに階段しかなくて、こちとらまだ問題ない身の上であるが、ま
ったく優しくない劇場なのである。というわけで、この劇場に出向く
機会も当分ほとんどないだろう。

というわけで、何やら“ペテン”とか“詐欺”に遭った気がしたのだった。

+今日の富士山……×

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック