滑話§対抗戦ラグビー“早稲田対明治”早明戦

ここでほぼ予想したとおりの結果となった。最後に早稲田が主要メン
バーを入れ替え(温存?)たためか、明治の意地もあってか得点に結び
ついて2ケタになった。

やはりというか、藤田剛の思いがそれなりの収穫をもたらすのは2年
後、3年後ということになるだろうか。

バランスのいい早稲田は、スクラム、ラインアウト、モールといった
フォワード戦でも巧みな試合運びを見せて、手堅くバックスが仕上げ
るというほぼ確定したパターンで勝利につながった。

対抗戦の全試合を通じて早稲田は負ける気がしなかっただろう。見て
いる側にしてみても、予定調和のようにトライを積み重ねているよう
に見えるのだから。もちろん現在のタレントはいずれ卒業するわけで
その時になっても現在のような力を維持できるかどうか、再来年あた
りには早慶明が拮抗してきているとおもしろいのだが。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック