ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 麦話§小川町の“F”で呑む

<<   作成日時 : 2006/12/20 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

久々に小川町の“F”に行ってきた。1か月に一度は呑みたいなどと
は、はなはだ不遜だとは思うが、さすがにそんな頻度で出かけられる
はずもない。

生ハムとソーセージをつまみつつ、胃のストレッチとばかり白ビール
の小さいのを1杯軽く呑んで、ラガーの1リットルを頼む。店内の注
文の様子を眺めていても、1リットルジョッキが出るのはあまり見か
けない。半リットルグラスもそれなりに出ているが、小グラスの比率
が高いように見える。

さすがに女性客は1リットルは頼まないだろう。それに小さいグラス
で2、3種類は楽しみたいとも思っているのだろう。それはそれで正
しい楽しみ方である。

店にある樽生は4種類。ラガー、若干濃いめのプレミアム・ボック、
ドゥンケル系のオプティメーター、それにフランチスカーナの白であ
る。

【お願い】麦話§ドイツビールでテーマ作成しましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
"F" のホームーページを見てみました。すごいですね。値段の方も現在の円安を考慮に入れると許容範囲のようです。(笑)
【篠の風】
URL
2006/12/21 06:05
昨日今日と銀行でユーロ現金の両替
レートが160円を超えました(爆)

ミュンヘンだと1リットル7ユーロ
見当でしょうから1120円……以前の
130円時代なら900円……とは
確かに輸入の樽生1リットル1800円
というのは思わず許しそうになって
しまいます。

日本からユーロ圏の旅行が物入りに
なってしまいました。
HIDAMARI
2006/12/21 13:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
麦話§小川町の“F”で呑む ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる