探話§グーグルの脅威

日曜日のNHKスペシャルの『“グーグル革命”の衝撃~あなたの人
生を“検索”が変える~』を見て、正直背筋に薄ら寒さを覚えた。

検索エンジンの順位を上げることを生業とするアメリカのコンサルタ
ントや、クリックで収入を得ている大学生。……正直に白状すればま
ったく理解できないといっていいくらいである。

もとよりネットを使ってお金を得ることなど考えもせず、例えばニュ
ースの見出しをつまみ食いしてみたり、旅行のための情報収集や、ホ
テルとレンタカーの予約に使ったり、某巨大掲示板を冷かしに行って
みたり……そんな程度なのだ。あとは、ごくたまにネット・ショッピ
ングはする。

例えばアマゾンなどでも“この本を買った人はこんな本も”という表
示など、大きなお世話であると思うし、ネットで推薦していたからと
いってそれがベストだと信じ込んで購入したり、店に行ったりするわ
けではない。ところがクリックで収入をあげているアメリカの大学生
は“ネットで教えてもらったこと”を信じて行動しているとしか見え
ないのである。

それは既に“宗教”なのである。もちろん他人のネット利用行動にま
でいちいち批判を加えるつもりはないが、それにしても現在の状況が
10年、20年と経ったときの世界はいったいどうなっているのだろうか
とこれまた正直不安を感じてしまう。そんな番組だった。

サークル“ビール純粋令”推奨協議会

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック