子話§今、もっと、もう少し怒ってみる

某厚生労働大臣の“女性は産む機械”失言に関して。

男女を問わず、もっと怒らなければいけないと考える。そもそも少子
化をもたらしたものが、政治の故であるという自覚のないことが問題
で、見識などひとかけらすら持ち合わせていないことに憤りを覚える
のである。先のホワイトカラー・エグゼンプシオンの時の迷走しかり
方向性を見失っているとしか思えないのである。

政治でできるべきことをやらずに責任転嫁をした揚句が、あの発言で
あるのは疑いようもなく、有権者は己の権利を冷静かつ冷徹に下すこ
とが求められるのだ。

最初からそうだが、この政権の『美しい国』など嘘っぱちである。

【ひだまりのお話の原点】

子話§今、もっともう少し怒ってみる~続~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック