ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 眩話§不思議に歪んだガスタイク@ミュンヘン

<<   作成日時 : 2007/01/31 12:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ミュンヘンにガスタイク(Gasteig)という文化施設がある。その中の
フィルハーモニーのこと。ガスタイクという名称の意味は知らないが
その昔、文人や絵描き達の溜まり場があったということである。

一度だけミュンヘンフィルを聴きに入ったことあるのだが、ホール内
部は実にけったいな構造で、リンクの写真の通りである。ワインヤー
ド・タイプであるのはともかく、ホールを上から俯瞰すると明らかに
歪んだ形をしているのである。航空写真を参照あれ。

洋の東西を問わず“左右対称”というものはそれなりに尊重されてい
ると思ったが、このホールに関してはそういった概念は見当たらない
のだった。

ベルリンのフィルハーモニーザールは左右対称なのだが、パイプオル
ガンが変な位置にあるので、客席の配置が変則化してはいたりするが
ガスタイクの場合は舞台正面にパイプオルガンがあるので、非対称に
したというのは土地の形状とかの事情があったのだろうかと推察して
みる。

なお、ベルリンとミュンヘンのフィルハーモニーは、どちらの客席も
中央に向かって微妙に傾斜しているのである。これは東京あたりのコ
ンサートホールではなかったと思うが、この2つのホールの客席に座
った時に、微妙な傾斜を感じて奇妙な平衡感覚に襲われたのだった。

★ひだまりのお話★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
眩話§不思議に歪んだガスタイク@ミュンヘン ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる