糖話§本当においしいのはカステラの切れ端

子供の頃は普通に甘いものが好きだった。祖母の実家が菓子屋を営ん
でいたことが影響しているかどうかはわからない。

元々は和菓子屋だったが、洋菓子にも手を拡げていったのが子供時代
の頃だったかと思う。

中でもカステラが好きで、もちろん普通に切って出てくるのもそうだ
が、たまに店に遊びに行くと、子供の特権とやらで袋に一杯入ったカ
ステラの切れ端をくれるのだ。整形して化粧箱に詰めるのに切られた
はじっこなのだが、これがうまい。なぜかうまみは端に集まるような
感じでおまけに砂糖がジャリジャリとついているのだから。見た目は
悪いがなまじきれいに整った売り物よりもはるかにうまいと思った。

もちろんそんな幸せは長く続くはずもなく、成長して遊びに行かなく
なればカステラの切れ端とも疎遠になってしまったが、今思い出して
もささやかな贅沢だったのだ。……今でも食べてみたい筆頭にある菓
子だと言っても過言ではない。

だからというわけではないだろうが今でも、曲がった胡瓜とかいった
形の悪いものには抵抗はない。マグロもきれいに切られた刺身よりは
ブツのような切り落としとか、中落ちのようなもののほうが好きなの
である。

三つ子の魂百まで

【去年の今日】酒話§マイケル・ジャクソンはビールがお好き

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック