球話§選抜高校野球29年ぶり静岡勢の優勝に

優勝した常葉菊川の監督が、29年前に浜松商業が優勝した時の選手だ
ということで、記憶が甦った。

我が母校はその年の選抜に出場して準決勝まで進み、そこで浜松商業
と対戦、2対4で“惜敗”したのだった。

その当時の母校野球部には投打の軸が揃っていた。ピッチャーは卒業
後、早稲田を経て東芝に行ったK、打の主軸がAという強打者。この
年の選抜では最強のスラッガーであると目されていた豊見城高校の石
嶺(阪急~阪神)を凌ぐという評価も受けていた。Aはプロ向きでない
という自覚があったらしく、あっさり大学に進学し教師となって野球
の指導もしていると聞く。

そういった選手を擁していたので、密かに期待していたのだが結果は
浜松商業に敗れての準決勝どまりだった。

そうして29年前に優勝した選手が監督になって再び優勝を我が物にす
るのは、なんという強運だろうと思う。

+今日の富士山……○

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック