憶話§JR福知山線事故二年

想像を絶するような惨状の事故から丸2年が経過した。

JR西日本は、まだ“日勤教育”の正当性を主張しているようだが、
どう考えても日勤教育は“パワー・ハラスメント”でしかなく、方向
の違ったプレッシャーをかけるだけでしかないと思われる。事故を引
き起こした運転士の資質を見抜けぬような人事管理の手法を否定しな
いままでは、また似たような事態を起こす危険性を秘めているように
感じるのだ。

何週間か前のルポ番組で、2両目に乗っていて事故に遭い、脳挫傷で
医者から回復不能だと見離されかけた女性の奇跡的な回復ぶりを見る
機会があった。

彼女の心と体の傷が癒えることはないのだろうが、一日一日と機能が
取り戻されることを願っている。

【去年の今日】憶話§JR福知山線事故一年

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック