非話§たった1分でできる民主主義

選挙の投票率が50%そこそこだったりするのを見ると、心底情けなく
なる。

投票所までの道のりはともかく、投票所の建物に入って手続きをし、
投票用紙に記入して投票箱に入れてそこを出るまでは1分そこそこの
ものだろう。そんな時間すら惜しんで棄権をしてしまう有権者は何を
考えているのだろう。というか有権者という権利とか立場すら放棄し
ているようにしか見えない。

投票権を得て以来、何か本当に特別な事情がない限りは投票所に足を
運び続けている。あるいは期日前投票をすることもある。

そうしてたった一票ではあるが、自分なりの選択をしてささやかな民
意の反映をしているつもりなのだ。

願わくば……ほとんど夢物語だが……有権者の三分の二が投票行動を
してくれればと思うのである。

★ヴォルテールの言葉★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック