酒話§ミュンヘンのビアガーデン・ガイド[続]

去年旅行した時に“DER BIERGARTENFÜHRER”2006年版が出ていたの
で購入しておいた。表紙は、旧版から変わって夏らしいミニスカート
姿のお嬢さんがリットルジョッキを両手にさげた後姿。

この次ミュンヘンを訪れたらどこに行ってみようかと、辞書を片手に
よちよちぺらぺらと眺めているのだが、新しいビアガーデンが追加さ
れていたりして、読んでいて何となくそそられそうなのである。

そういった一軒に、街中はイザール河畔、市営銭湯の先にある古い工
場の建物を利用した新しいビアガーデンがある。文章によると新しい
コンセプトのビアガーデンということのようだ。

BIOの肉を使った料理だとか、地中海料理などもメニューに載って
いる……らしいというところまで判読できた。

呑めるビールはホフブロイ

この本を眺めていると、郊外のビアガーデンも紹介されていて、まだ
呑んだことのない醸造元のビールの銘柄も数多く紹介されていて、体
は一つしかないのに悩ましいことだと思うのである。

ドイツの空の下、20度くらいの爽やかな気温で呑むビールが眼の前に
蜃気楼のように行き来している……。

《ドイツビールのトピックス一覧》

↓見るのはビール!
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック