ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 英話§トニー・ブレア首相終了

<<   作成日時 : 2007/05/14 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

イギリスのブレア首相が退陣する。10年前に颯爽と就任した姿を思い
出す。

同世代として最も早く権力の頂点に登りつめた人間で、エネルギッシ
ュな姿には期待を持っていた……。決定的に絶望したのは、アメリカ
の片棒を担いでイラクに参戦したことである。結果的にはこれが彼の
致命的な失敗だと言える。

そうでなければ、北アイルランド紛争を収束に導いたという歴史的な
業績を誇ることができたはずで、あるいはノーベル平和賞も待ってい
たかもしれない。

やはり最も知りたいのは、どうしてブレアがかくもアメリカ追従する
ような方向に進んだのかということである。それこそ今は保守党政権
ではないかと勘違いしそうになるくらいだったのだ。アメリカ追随が
金科玉条の極東の国の政治家だったらまだ理解できるが、なぜブレア
がアメリカにお追従することになったのか、いまだに理解できない。

《戦争と平和のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
英話§トニー・ブレア首相終了 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる