像話§ドキュメンタリー番組の衰退化

この20年ほどビデオに録画し続けてきたものをDVDに焼き直してい
る最中であるが、その中にはNHKと民放を問わずにドキュメンタリ
ー番組も数多く残っている。

ラグビーで新日鉄釜石が7連覇をした頃などは民放各社までが競って
ラグビー関連のドキュメンタリーを放送していたことをダビングしな
がら思い出し出し懐かしく見ていたりするのである。

そんなことをしながら、ふと見回してみるとNHKはまだしも民放が
制作するドキュメンタリーの類が激減しているというか壊滅的である
ことに気づくのである。

このことと一連の番組捏造などが関連づけられるかどうか、もちろん
定かではない。だがしかし現状の民放における、タレントばかりが雁
首を並べて構成されているような愚にもつかない劣悪なヴァラエティ
偏重(=視聴率重視)が、いよいよテレビと日本人の劣化を助長してい
るような気がしてならないのである。

今年になって、数年前にフジテレビ系列で放送された中国から日本の
小学校に入学した女の子についてのドキュメンタリーを再放送してい
た。いくぶんか情緒に流れる作りはいかにも民放らしいのだが、それ
でもドキュメンタリーとしての内容はしっかりしていた。

本当にちょっと前にはそれなりに各社制作していたはずなのに、民放
のドキュメンタリー番組はどこに行ってしまったのだろうか。

§お気に入り§

この記事へのコメント

フサイチ
2008年05月17日 16:52
はじめまして
フサイチといいます。34歳会社員です。
ラグビービデオで検索していたらここにたどりつきました。どのような試合のビデオをお持ちなのでしょうか。もしよろしければビデオ(DVD)をダビングさせてもらえないでしょうか。
よろしくお願いします。
2008年05月18日 10:28
本文の通りで、残念ながら試合を録画したビデオとは持っていないのです。なにぶん一年前のことで、ビデオ類は処分済です。ラグビーのドキュメンタリーも残りテープについでに入っていたものでダビングせずに見ただけでおしまいにしてしまいました、悪しからずご了承ください。

この記事へのトラックバック