賢話§参議院議員選挙の結果に

想像したほどに投票率が上がったわけではなかったので、本当にマス
コミの御託宣が当たるものかと思っていたが、ほぼ予想通りの結果に
落ち着いた。

国民はあながち馬鹿ではないということが、間延びした公家顔のお坊
ちゃまには理解できただろうか? 辞めようとしないくらいだから、
理解できていないのだろう。そうでなければ記者会見であんな頓珍漢
な発言をするはずがない。

基本的に頭の程度は、ブッシュあたりと同じレベルと見受けられる。

不思議なのことは、投票率が上がったとはいえ、前回とほぼ似たよう
な数字だったのに、ガラリと結果が変わったということである。似た
ような投票率であるならば、Kがつく2つの政党――特にKo党――に
有利なはずなのに、議席を減らしてしまった。あの党の支持者が投票
する選択を変えたとしか思えないのである。

日本に二大政党というシステムが合うのかどうか、あるいはこのシス
テムが定着して機能するのか、もう少し様子を見ていくしかないのだ
ろう。とりあえず衆議院における圧倒的多数によるゴリ押しが参議院
によってチェックされるという図式になったわけで、どのような国会
運営になっていくものか。

それにしても“それでも投票に行かない”やる気のない人間が相変わ
らずいかに多いことかと溜息が出る。

馬鹿な国民には馬鹿な政府しか存在しない……逆もまた真

★ヴォルテールの言葉★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック