英話§緑に囲まれた中国塔ビアガーデン

画像

ミュンヘンは英国庭園内の中国塔の下にあるビアガーデンのビール売
り場である。

ここに行ったのは3、4年ほど前の猛暑の6月。昼前に用事を済ませ
そのまま中国塔でランチを食べようと思っていたら、11時を過ぎたと
ころで激しい雷雨。仕方なくホテルで雨が上がるのを待ち、ここに着
いたのは午後2時頃になっていた。

もっとも腹具合はほどよく空き、ビールへの思慕(爆)もさらに募って
いたのである。ここの要領はカフェテラス方式で、食べ物のコーナー
でピックアップしてこのカウンターまで行き、ビールを受け取ってか
らレジで精算しガーデンに戻るというものだった。その際ジョッキを
返却した時にお金を戻してもらうプラスチックコインを受け取る。

今はユーロ高で計算する気もないが、ここに行った時に円換算したら
1リットル900円足らずだった。今は1000円を優に上回っているだ
ろう。

ビールはおなじみのHB……ホフブロイだが、こんもりとした周囲の
緑が食欲と呑む意欲を増進させて、1リットルなど物の数ではない。

午後2時くらいに出かけていってのメリットはというと、昼飯時の混
雑を避けられるということと、ホテルの朝食からも時間が経っている
のでマンネリのメニューでも気にせず食べられるということである。
ホテルの朝食のせいか、12時頃に腹が減ることは少ないので、最近は
午後1時を過ぎて昼食ということが多い。

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック