平話§8月15日~君死にたまふことなかれ~

與謝野晶子に関する文章を読んでいたら、以下の主旨のような言葉を
彼女が発していた。時あたかも終戦の日なので書き留めておく。


自分達は安全な場所にいる権力者が嵩にかかって

戦争、あるいは戦争で死ぬことを美化している



このところ“美しい国”などと、政権党がしきりに吹聴していた裏に
こういう意味が隠されていはしないだろうかと思う。ところが、若い
人間を死地に送り込むモチベーションとしては稚拙で、胡散臭さが前
面に出てしまったためか、選挙での結果はご覧のとおりである。

《戦争と平和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック