酔話§土佐高知の銘酒“酔鯨”

昨今、居酒屋のメニューでは焼酎よりマイナーな日本酒の品揃えであ
るが、この店では高知の“酔鯨”を冷やしていたので二合注文する。

ややあってガラスのとっくりにたっぷりと酔鯨がやってきた。想像と
は違っていてサラリとした呑み口が気にいった。先に注文していた刺
身が中トロだったのだが、赤身のほうが合ったかもしれない。

土佐高知の御人は男女関係なく酒豪揃いだと聞くが、こういう呑み口
だったら何合でもウエルカムだという人はいくらでも転がっていそう
である。この日は二合でおしまいだったが、実を言うとあっという間
に呑んでしまったような記憶で、あれだったらもう一合くらいいただ
いてもよかったんじゃないかと思ったのである。

このところ日本酒を口にするのは外の居酒屋ばかりで、とんと自宅で
呑むことがなくなってしまった。なぜかといえば“自宅で日本酒”を
すると、御膳の長さがさらにさらにとなる危険性があるからである。
その点、外で呑んでいれば眼に見えない“限度”というものが存在し
ているような気がして、フットワークが軽いような気がするのだ。

《居酒屋のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック