鉄話§ミュンヘン中央駅ターミナル

画像
↑混雑している時もあるが、日中はこんな感じ

日本では数少ない行き止まりのターミナルは、ドイツをはじめとする
ヨーロッパでは珍しいものではない。

ミュンヘンの駅舎は普通のビルの形状をしているが、20年以上前と比
べて相当に手を入れてリニューアルしてきたことがわかる。

列車も何がなし“留まっている”という感じが強くて好きである。最
近はICEも増えてきているが、少し前でも客車が機関車に牽かれて
というのが常態で、だからターミナル駅を経由する列車が折り返す時
は、到着まで最後尾だった客車の先に新たに機関車がやってきて接続
し、出発する。出発した後には機関車一台が取り残される。

それにしても、行き止まり式は本当に“駅”らしい。時間が許すなら
何時間でものんびりと列車の発着を眺めていたいと思う。何と都合の
いいことに生ビールなどいくらでも売っているし、食料にも事欠くこ
とはない。ヨーロッパのターミナル駅には、ガチの“鉄”でなくても
そう思わせるものがあるのだ。

それと低音で“ゴ~~ン!”と鳴るDB独特のあれを聞くと、教会の
鐘と同様に“ヨーロッパ”を感じるのである。

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック