認話§信号と交通標識をなくす町

ドイツ・ニーダーザクセン州の町“ボームテ”が、EUの協力を取り
付けて、9月12日をもって中心部の道路から信号と停止標識を撤去す
るのだという。

人口14000人足らずの小さな町だから可能な実験なのだが、さて
さてどのような光景が繰り広げられるものだろうか。

考えてみれば昭和30年代の前半、人口10万そこそこの地方都市で、町
の中央を大きな通りが走っていたが、車の交通量などたかが知れてい
たのか交差点に信号はなく、歩道すらなかった。通りの先に大きな川
があり、そこに架かった橋を渡ると同じ行政区域なのに未舗装の道路
が始まるのだった。主要道路の舗装が完了したのは昭和40年代に入っ
てからのことである。

そんな時代だったらまだしも、ここまで自動車が走り回っているのだ
から、不届き者の数人もいれば交通が麻痺してしまうのではないかと
心配するのだ。

このところの旅行先であるアルプスの端っこのエリアだが、エリアに
入る信号を最後にエリア内には信号が見当たらない。ただ一か所だけ
点滅信号があるだけである。エリア内でも郊外の地方道なので、80km
以上のスピードで走ってくる。よって合流ではかなり神経質に車が来
るかどうかの確認をして曲がることになる。

信号をなくすということで、ドライバーが慎重になるのであれば意義
ある実験だということであるのだが……。

《ドライブのトピックス一覧》

この記事へのコメント

2007年09月18日 16:06
ミュンヘンの郊外に行くと、めったやたらとロータリーが多くなっています。信号を取り払ったあとの一つの選択肢でしょうか。ただ、運転する方にとってはちょっとウンザリします。(汗)
2007年09月18日 16:11
ロータリー(ラウンドアバウト)は、
確かに郊外のあちこちで見かけまし
たね。旅行者としては、物珍しくて
好きだったりします(笑)。

この記事へのトラックバック