閲話§定石と定跡……うっかりしていた

ブログ紹介の中で“誤字、脱字等はご指摘ください”と書いてあるが
なかなか他人様の誤りを指摘して正すことはしにくいのである。

加藤一二三九段(1239段ではないぞ)1000敗の書き込みで“定跡”と書
くべきところを“定石”と誤ってしまい、ご親切な指摘を受けて訂正
することができた。指摘を受けた時はさすがに恥ずかしいが、訂正す
れば本当にすっきりする。普段から意識して使い分ける機会のない単
語は、かくのごとく間違える危険性が存在するのだ。

“椀”は木の器だし“碗”は陶器であるということくらいは意識して
使い分けることができているが、日常書いていてあっさりと誤記する
ことのほうが多いと思う。それに我が家でご飯を食べる時の器は木製
で、普通なら“飯碗”と書くところ、厳密かつ正確に“飯椀”と書か
ねばならないのだ。ややこしや~なのである。

更に我がブログは、強力な校正マシーンが背後に控えているおかげで
お世辞でもなんでもなく心強い限りなのだ。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック