ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 長話§三連休・北信州往還[4]煙るケルン

<<   作成日時 : 2007/09/21 12:06   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
↑標高1765mという男子滑降のスタート地点

【承前】

さて、残念ながら標高2000mに近い唐松岳に向かう稜線はガスに覆わ
れて、南の五竜岳や北の白馬三山の絶景を望むことはできなかった。

記憶をたどっても、安曇野や白馬を訪れた数回で北アルプスを気持ち
よく見上げられたことがなく、日頃の行いが悪いせいかと自分を責め
たのである。

それでも1時間あまり登って八方池付近までたどり着いたが、天気が
好転する兆しすらなく、ガスの中をいくつかのケルン――単純に石積
みしただけかと思っていたら、堅固なコンクリート製だった
――を通
り過ぎてリフト乗り場まで戻った。

見上げると一瞬だけだがガスが切れて、つい先刻登り下りした馬の背
の稜線が姿を現した。ついでに白馬岳の中腹も少しだけ拝むことがで
きた。

下りのリフトに乗っていたら“男子滑降スタート地点”の杭があった
のでシャッターを切った。あの地点からゴールまでを100kmとかの
スピードで2分足らずで滑り落ちて行くが、素人にしてみればこれも
また人間業ではない。スキーを揃えて曲がれる程度の腕が滑ったら、
5分以上かかるうえに、たどり着いた時は膝ガクガクものであろう。
                            <続く>

【去年の今日】来話§1989年ウィーン国立歌劇場(T)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
20代の頃ですが夜行列車で上野から谷川岳に夜行日帰り登山に何度か行きましたが谷筋を降りたり登ったりは時間が掛るものです。滑降コースを2時間もかけておそるおそる転げ落ちた経験がありますがその時からスキーは止めました。
Slow Cafe
URL
2007/09/22 16:47
パラレルターンに“毛が三本”程度なので
逆落としのような斜度は完全にビビってし
まい、腰が引けて後は・・・です。

夜行スキーってのもよくやりましたね。
HIDAMARI
2007/09/23 10:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
長話§三連休・北信州往還[4]煙るケルン ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる