迅話§東京では開化丼、大阪では他人丼

牛丼屋の産物だろうと思うが吉野家の品書きにはない。

牛丼の具――肉と玉葱――を卵でとじるだけのもので、親子丼の鶏肉
やカツ丼のカツと親戚である。親子丼が親と子=鶏肉と卵であるのに
対して、東京の開化丼=大阪の他人丼は、大阪の呼称のほうが的確な
ように、牛肉と卵の組み合わせである。かくも関西系の呼称には直截
な表現のものが多いような気がしないでもない。

そういえば豚肉を卵でとじた他人丼を見かけたことはないが、これは
牛肉がすき焼きとしての扱いを受けたその派生だと理解することがで
きそうである。もちろん豚肉のすき焼きだって存在しているのだが。

ところで個人的には開化丼は好物である。卵のとじ加減は、半熟でも
固めでもかまわない。牛肉と玉葱にしっかりと味がしみ込んでいれば
満足するのである。

思えば丼物などは、ギャンブル場の食堂か賄い飯のような位置付けで
迅速にパパっと食えることが主目的なわけだが、実はそういうものが
うまそうに見え――実際にうまいことが多い――街中にどんどん入り
込んでいったのだろう。

【去年の今日】麦話§久々に“L”で珍しく……

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック