招話§ドイツ大使館で~再統一記念日~[Ⅰ]

我が手元にドイツ大使館から物々しい招待状が届いてびっくりした。
10月3日のドイツ再統一記念日のレセプションにどうぞというもの。

誰が招待者名簿に潜り込ませたのだろうか?

確かに、ドイツに旅行することが多く、オペラやらコンサートやらに
出向き、ミュンヘンでも東京でもドイツビールを呑んでいたりするが
そんな程度の貢献をしている人間はゴマンといるわけで、なぜ自分の
ところにと招待状が思ったが、旅行を繰り返すうちに知り合った人達
の誰かが手配してくれたのだろうといういい加減な結論になった。

パーティーらしきものは大なり小なり経験しているが、大使館主催の
パーティーなどというものは当然ながら未経験なので、好奇心が先に
鎌首をもたげて、いそいそと出席の返事を出してのこのこと出かけて
いったのである。

もちろん大使館に入る――厳密には大使公邸なのだが――ことなど、
過去に一度としてなく、それもまたそそられる要素であったりする。

さて当日である。広尾で地下鉄を下りて有栖川公園の方向に歩く。都
心にしては珍しく暗めの道は招待客がそぞろ歩いて会場に向かってい
る。時間も19時半に近く、腹も減っていたりするのだった。
                            <続く>

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック