劇話§芸術祭十月大歌舞伎夜の部

『牡丹燈籠』の通しと三津五郎の『奴道成寺』を観た。10月に怪談と
道成寺で桜ってのは季節的に何だかなあとは思わないでもない。

三遊亭圓朝が作った演目を、大西信行が文学座の公演のために脚本を
書いたもので、観ればすぐに理解できることだが歌舞伎という以上に
“演劇”である。

圓朝の原作を読んでいないので様子がつかめなかったが、筋が錯綜し
ているというわけでもなく、仁左衛門と玉三郎のやり取りなどは喜劇
的でもあるが、新劇の会話風だったりもする。そういった中で吉之丞
が演じるお米が際立った存在感あるお化けを演じていた。

休憩後の第二幕、女遊びに現を抜かす仁左衛門の伴蔵を問い詰める玉
三郎のお峰が出色。ただし、その後の劇進行には幽霊が登場してくる
――お露のカランコロンはなかった――わけではなかった。その結果
悪巧みをした二組の夫婦の末路が幽霊絡みにならず、怪談話としては
尻切れトンボになった感が否めない。

追い出しの『奴道成寺』は三津五郎の洒脱な踊りを存分に堪能した。
外に出て秋が本格的になっていく銀座を通って帰路。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 歌舞伎座:芸術祭十月大歌舞伎 夜の部 怪談 牡丹燈籠

    Excerpt: 久しぶりに歌舞伎を観てきました。歌舞伎座で上演中の夜の部、三遊亭円朝原作の通し狂言『怪談 牡丹燈籠』です。歌舞伎の『牡丹燈籠』は河竹新七版と文学座版の二種類があるそうですが、今回は後者のもの。74年初.. Weblog: Clala-Flala racked: 2007-10-27 21:18