ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 中話§一年前は台北にいたさー[八]度小月

<<   作成日時 : 2007/10/18 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

《承前》

明曜百貨店の真裏に、日本のガイドブックにも取り上げられている台
南料理の店“度小月”がある。街を歩けば1ブロックに一軒以上とか
カジュアルな食堂がやたらとある台北だが、初心者としては一応のお
約束を押さえてという無難な選択をするのである。

少し雨模様でむしむししてきたが、店に入るとエアコンがしっかりと
効いていて――台北は日本以上にエアコンが効いている――いささか
ほっとする。

店員はというと、片言の日本語で注文を取りに来るので不便は感じな
いが、高い“名物料理”を勧めるのはいずこも同じである。勧められ
ずとも、海老の揚げたのは注文するつもりだったので無問題。これと
“香腸”という中華風腸詰めをビールのつまみに注文。遅い午後にな
ってようやく“らしい食事”にありつけたのだった。

ビールといっても出てくるのは缶入りの台灣啤酒で、これを2本も呑
んで、締めに担仔麺と普通は魯肉飯(ルーローハン)と言っているが、
この店では“肉燥飯”と呼ばれているそぼろ肉掛けご飯を注文した。
日本の台湾小皿料理屋と大体似たような味である。……腸詰めは日本
より甘みが強いようだが、これも店によってなのだろう。

食事を済ませて、腹ごなしに近くのもう一軒のデパートを巡回しホテ
ルに戻った。部屋で長めの休憩をしたら夜が近づいてきていた。
                            <続く>
追記:台湾関連の記事をぽてぽてと巡回していたら、ほぼ同時期に旅行されていた台湾フリークさんのページがあったのでご参考まで。

《B級グルメのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
中話§一年前は台北にいたさー[八]度小月 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる