嘘話§赤福や 白い恋人 比内鶏

豚肉を混ぜたのに“牛肉100%”と偽って出荷していた北海道の業
者が逮捕された。

その後の食品に関する嘘のあれこれは表題のとおりである。おそらく
大陸にある某国のほうが質量ともにすさまじい食品偽装をしているだ
ろうが、こう頻繁に報道されると日本の状況も目糞鼻糞でしかない。

何やらお約束の“陰謀説”なども飛び交っているようではあるが、中
身と表示が違っているのは、報道されているとおりなわけで、やって
いることは、300年の老舗も新興のメーカーも天然記念物も同じで
あるのだ。

消費者と呼ばれる我々は、その製造元を様々な要素で信用して購入の
判断をしているわけで、その前提を勝手に操作されてしまったら消費
者は何を基準に安心できるものを買ったらいいのかと問いかけたい。

そんな根本的なことすら信用できなくなっている日本であるか……。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック