ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 学話§ドイツ語でもストーカーは“Stalker”

<<   作成日時 : 2007/10/30 12:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ネットでドイツのニュースを眺めていたら、旧西ドイツ時代に首相だ
ったヘルムート・シュミット夫人(通称・Loki)が襲われたという件
があった。我々の世代にとってシュミット首相というのは懐かしい。

例によって乏しいドイツ語力で辞書をひっくり返しつつ読んでいたが
我が家にある辞書2冊――独和と独独――に存在しない名詞があって
辞書にないとなると余計に気になって、首を捻りつつネットで検索を
かけた瞬間に疑問が氷解した。その単語というのは……

Stalkerin

なるもので、ドイツ読みだと“シュタルケリン”である。ドイツ語の
読みに拘ったあまり理解が遅れたのだが、女性形の“in”をはずせば
“Stalker”となり、何のことはない英語のストーカーと同じだった
のである。ドイツ語では“Nachsteller(in)”かと思われる。

というわけで、元首相夫人がストーカーの女性に襲われて負傷したと
いうことがわかったのであった。

かくのごとく、どこの国にあっても“外来語”の扱いをどうするのか
という問題はありそうで、今の日本だって翻訳することをとっくの昔
に放棄してしまって、移入してきた言葉をまんま使ってしまうのだ。

その結果として、例えば日本人が、ドイツ語の中にある“外来語”を
判読する時にかくのごとくの混乱をきたしてしまっているような気が
するのだが。

……それではクイズです。

《ドイツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>>ドイツ読みだと“シュタルケリン”
確かにそうですが、ドイツ人は英語の発音で「ストーカー」と言ってますね。

シュミット首相、確かにわれわれの世代には懐かしいものがあります。あの理知的な顔でずいぶんと得をしていますよね。当時、わたしもパイプ煙草をやりたいと思ったものです。(^_^)
【篠の風】
URL
2007/10/30 23:26
ドイツでは外来語は原語読みが基本
ということになるのでしょうか。

たった9人とはいえ、歴代の首相を
ほぼ順番どおりに言えるんですが、
同時期に日本は20人以上もいるので
全然だめです。
HIDAMARI
2007/10/31 12:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
学話§ドイツ語でもストーカーは“Stalker” ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる