薪話§ファゴット、バスーン&バソンな面々

ウェブリブログに棲息するクラシック関連ブロガーだが、なぜか(爆)
ファゴット吹きが多い。ブックマークしてほぼ毎日定期巡回している
だけでも、4人ばかりいらっしゃる。以下アルファベット順に……

ファゴット(だけじゃない)日記

ファゴット吹きのバソン練習日記

まじっくばすーん

Zauberfloete通信

といった人達である。……いつも楽しく読んでおります。

楽器の一つでも演奏してみたいなどと思った若かりし頃は、旋律楽器
ばかりに眼が(耳が)行ってしまったのと、楽器自体の価格とが見合っ
て、手にした楽器はフルートだったりした。低音楽器は、大きさもさ
ることながら、値段が……なのである。おまけに、フルートは多少自
己流であっても、そこそこ楽しめる程度には吹けるようになってくれ
るが、低音楽器は――低音楽器に限らないのはもちろん――どれもこ
れもレッスンを受ける必要が生じるのだ。

もっとも、長じるにつれて下支えの楽器に興味が移った。……チェロ
とかファゴットとか。今となっては遅かりしなわけだが、それでもポ
ケットスコアを片手に、低音楽器の動きを追いかけるのは、オーケス
トラであれ通奏低音であれ楽しいものである。

……これだけファゴット吹きがいるんだから、他の楽器は言うまでも
なく、やる気になれば“ウェブリブログ交響楽団”もできるのだ。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

2007年11月11日 06:49
初めまして。
マイナー楽器ファゴットを、そして私の日記をご紹介頂きありがとうございます!こういう日記を書いている事自体がファゴットらしいのか…等と思います。
私もオーケストラテーマからHIDAMARIさんの日記を見つけ、楽しみにしてます。これからもよろしくお願いします。
2007年11月11日 14:44
コメントをありがとうございます。
ファゴット吹き御四方のブログは、
本当に楽しく拝見しております。

これからもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック