懐話§手元にある携帯電話の日常

メイルはパソコンからのやり取りだけである。あわてて情報を探ると
かも考えたことがないので、何たらモードも使わない。要するに電話
の機能しか使っていない。

それにしても、携帯電話に内蔵された機能の膨大さである。つまり、
システム手帳が丸ごと一冊入っているのだろうし、カメラも付いてい
る。さらにワンセグでテレビも受信できる。やることがなかったら、
ヒマつぶしにゲームはいかが? 小説やエッセーもお読みいただけま
すよ……。

何も……そこまでしていただかなくてもけっこうである。現状で自分
の携帯電話に何が必要なのかと言えば、通話機能と留守電機能の2点
のみなのだ。それだけでこの先も乗り切れるはずである。

電話機本体の価格とか通話料とか使用料とか、日本の携帯電話のシス
テムは、肝腎な何かをどこかに置き去りにしたままではないのだろう
かと、2002年の夏に買い換えたきりでとっくに旧機種になった携帯を
問題もなく営々と使い続けている人間は慮るのだった。

《東京のトピックス一覧》

この記事へのコメント

2007年11月12日 17:14
わたしも携帯電話は通話・受信機能だけ。最近SMSを憶えましたが、まちがった構文やスペルを送るのが恥ずかしいから余り使わないと思います。(汗) 電話機自体も娘からのお下がりを使い続けていて現在は Samsung。

というわけで先日発売された iPhone にも関心無し。
2007年11月13日 13:02
同じようにシンプルに電話機能がメインでたまにメールを使いますが小さいので得意ではありません。オールドな世代には通信機能だけで充分だと思います。
2007年11月13日 13:55
>篠の風さん& Slow Cafeさん

電車の中であれ、デスクに向かって
とかであれ、携帯でメイルを打とう
という気が起こりません。電車に乗
っている時だったら、本の一冊でも
読みます。

この記事へのトラックバック