旬話§解禁3日目でボジョレー・ヌーヴォー

何だかんだと言いながら、とりあえず呑んでみるのが酒呑みの悲しい
性(さが)なのだ。

で……すいません、ずいぶんとしっかりした味のように思えて、これ
じゃあ“普通”っぽくないか? というのが今年の感想。次に呑んだ
のがイタリアのテーブルワイン程度の普通赤だったが、しっかりとい
うことで比べると、ヌーヴォーの半額ほどのものに負けてたりする。

もっとサラサラ呑めるのがヌーヴォーだと思うのだが……。それと、
どこかで“値段の半分は航空運賃……”というのを読んだが、納得。

《酒のトピックス一覧》

この記事へのコメント

2007年11月21日 09:30
今回はボジョレー・ヌボーは飲めませんでしたが。
サッポロの無添加ワインの赤(フルボディーと書いてありました)\600を賞味。ヌボーかどうかは判りません…。
甘くて素人の自分には非常に美味しいと思いました。
2007年11月21日 14:35
醸造学を勉強した友人から、最近は
甲府あたりワインの出来が芳しくな
いと聞きました。山梨あたりのワイ
ン用葡萄の生育には暑過ぎるのだそ
うです。

この記事へのトラックバック