ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 星話§ギド・ミシュラン東京版2008

<<   作成日時 : 2007/11/22 12:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ミシュランガイド“Le Guide Michelin”東京版が発売された。

格付けが大好きなくせに格付けされることを恐れる日本人が、この本
の評価をどのように受け止めるかが興味深い。色々と裏がありそうな
のだが、そういうことの得意な人がいくらでも語ってくれるだろう。

……格付けされるのが嫌いと書いたが、誰でもいい評価をもらえれば
うれしいし、不本意な評価だったら不愉快なだけのことであるが、こ
れまで日本ではミシュランほどの“権威”でもって店の評価がなされ
てきたわけではない。そういう意味では様々な反応が巻き起こるのだ
ろう。

3つ星を獲得した8軒は、当たり前だがどこにも行ったことはない。
フランス料理にそんな失神しそうな値段を払う気もないし、寿司屋は
まあ、……どうかなとは思うが、福澤さんが1枚とちょっとあれば、
夫婦二人で気軽に楽しく呑み食いできる店が家の近くにあるのだから
宝くじが当たっても行くことはないだろうなあ。食いに行って疲れる
ような店には行きたくない。

旨い物が食えるということとはまったく別の息苦しさを感じてしまい
あの手の店が、自分の身の丈に合っているとはとても思えないのだ。

ミシュランガイドの逸話に、トイレの不備で星をもらえないレストラ
ンの話というのがある。調査員らしき人間は店を訪れてもトイレばか
りを見回っているのに、店主が「どうして料理でなくトイレなんだ」
と怒ったというのがある。

今回3つ星を獲得した中の一軒は、古いビルの地下に店を出していて
とても3つ星とは思えない素っ気ない佇まいで、おまけにトイレは店
の外にあるらしい。上の逸話は真実ではなかったようである。

海外旅行をしていると日本食の美点が見えてきて、日本食という世界
を、日本人でない人達がきちんと正しく認識してほしいと思うように
なっていた。それこそ“スキヤキ、シャブシャブ”から始まって寿司
に至り、21世紀になってようやく少しずつ正しい日本食認識が進んで
いくように感じるのだ。

ミシュランへの批判はこの先小さからぬものがあると思われるが、こ
れも日本食認識への突破口の一つとなっていただきたい。

【去年の今日】郷話§“上毛かるた”を知っていますか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
星話§ギド・ミシュラン東京版2008 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる