塔話§東京タワーの鉄骨構造

東京タワー……1958年の完成だから、来年が50周年ではないか。

先々週、直下のとうふ屋で忘年会をした時に真下まで歩いて見上げた
鉄骨構造の見事な機能美。

と感心して、ふと思ったのは鉄骨の耐用年数だった。どうやら5年に
一度表面塗装の塗り替えをして、それで保たせている要素もあるが、
一般的には50年というのが目安らしい。

そうでなくても、パリのエッフェル塔のように1889年製の鉄骨タワー
も健在なのだから、さてこの先一体どれくらい生き永らえるものなの
だろうと思う。

まさか、老朽化したと思しき鉄骨をはずしては新しい鉄骨と交換して
長持ちさせているわけではなかろう。

《東京のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック