器話§リットルジョッキでビールが呑みたい

ビール好きだが呑むグラスにはあまり拘らない。にしても日本料理屋
みたいな店におなじみの“ちびたグラス”など大嫌いだ!“L”とか
“B”のタンブラーが最低限度である。

やっぱりジョッキで呑みたい、というのが素直な心情だ。それに天の
邪鬼としては、リットルジョッキを頼んでおけば、何度も注文せずと
も、それでひとしきり楽しめるということもある。

ところでミュンヘンでビアガーデンとかビアホールに行くと、メニュ
ーにリットルジョッキの表記がない店があって、いくらメニューを見
つめてもはてさてとなる。メニューには500mlの値段しか書かれて
いない。で、周りを見やるとリットルジョッキでぐいぐい呑んでいる
ので“マス”でくれと注文することになる。

そういえば“B”のカウンターの前には、ミュンヘンのビアホールの
1リットルジョッキがいくつか並んでいた。今度行ったらあれで呑ま
せてもらおうかと考えている

《ビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

ZenRyo
2007年12月21日 00:47
今日も“B”行ってきました。このブログのことマスタに言ってみましたが知らないようでした。あの1リットルジョッキは客の持込で店のモノではありません。もちろん頼めば出してくれますが、おいしくはありません。
2007年12月21日 12:15
リットルジョッキでというのはただ
の横着者なだけです(汗)。あちこち
のブログで“B”のことは書かれて
いますから、知らないのは当然だと
思います。

この記事へのトラックバック