窒話§飛行船でボーデン湖遊覧[上]

画像
↑前のフライトが着いたところ。我々はこれから搭乗

今年になって、ようやく日本でも飛行船での観光遊覧飛行が認可され
ている。

それに先立つ3年ほど前、ボーデン湖の上空を飛行船で遊覧したこと
がある。フリードリヒスハーフェンの飛行場から飛行機に乗ったら、
飛行船が浮かんでるのを見たのがきっかけだった。

それで興味を持って調べてみるとボーデン湖遊覧飛行のページがあり
そのあたりを旅行する機会をとらえて予約を入れた。悪天候の場合は
中止する旨が書かれていたら、折悪しく予約した日の午前中が雨模様
で気を揉んだが、幸運にも予約の時間までには晴れ上がり上々のコン
ディションでの飛行を迎えた。

午前中の天候不良で出発時間が2時間ほど遅れたものの、13時過ぎに
は我々のフライトの番となった。通常“離陸”する時は、細い棒の先
についた風船のように繋留されているが、この日はスケジュールが混
雑していて、固定させることなく微妙なバランスをとりながら乗客を
2人下ろしては2人乗せるという思いもかけない方法だった。たぶん
日本ではきちんと固定させて乗り降りさせていることだろう。

12人ほどの客を乗せたツェッペリンは、フワリと浮いたのである。
                            [続く]

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 南ドイツの旅3 ボーデン湖のツェッペリン号

    Excerpt: こんにちは、西川です。 ヨーロッパ第一の大河ライン河がひょうたんのように膨れ上がっているボーデン湖。 ドイツ、オーストリア、スイスの国境をなすボーデン湖の周りは、 年間を通して穏やかな気候で、地中海の.. Weblog: 地球浪漫紀行☆世界紀行スタッフの旅のお話し racked: 2008-10-28 12:58