ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 器話§懐かし音楽会場[4]都市センターホール

<<   作成日時 : 2008/01/15 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

平河町にあった、この何とも味気ないホールでの思い出はと言うと、
バルトーク・クァルテットが、バルトークの弦楽四重奏曲6曲を2日
連続で演奏したコンサートに行ったことである。

いまだにバルトークの音楽をまったくつかむことができないままで、
その時も“聴いておかねばならぬ”的な発想で2日間聴いたのだが、
翌日には6曲のことごとくが、きれいさっぱりと忘れ去られていた。
かくのごとくの苦手を抱えているのは何とも言い訳のしようがない。

似たような時期だったか、フランス・ブリュッヘンのリコーダーとフ
ルート・トラヴェルソのリサイタルにも行っているのだが、録音で聴
いた時のような技巧の冴えは感じられず、何だかがっかりして帰途に
ついたという記憶もある。

ホールとしては、当時のお約束でというか例のごとくデッドな響きで
いささか寒々しく感じるホールの内装と相俟って、コンサートを聴く
楽しさというものが無視されていたようにも思ったのだった。

ところで、気がついたら古い建物はとっくに壊されて23階建ての高層
ホテルに変貌していた。コンサートホールが建ちまくっている昨今、
新たにホールをという気もなかったようで、虎ノ門ホールと同じく、
記憶の中に留まるのみである。
                            [続く]

《クラシックのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
器話§懐かし音楽会場[4]都市センターホール ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる