ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 器話§懐かし音楽会場[5]日比谷公会堂

<<   作成日時 : 2008/01/16 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて“真打”は、日比谷公会堂である。資料を見たが、来年で築80年
ではないか。

東京に住み始め、数は少ないながらもクラシックの演奏会に足を運び
始めた頃には、このホールのクラシック演奏会率は明らかに落ちてい
たと思われる。

実際、ここで聴いたクラシックの演奏会は、1974年秋のクリストフ・
エッシェンバッハによるオール・ベートーヴェン・プログラムだけで
その後に出かけたコンサートは、シタールの名手であるラヴィ・シャ
ンカールを聴くためだった。

結局のところ“日比谷”を中心としていたらしい、昭和30年代までの
東京におけるクラシク・シーンが終焉を迎えた頃に上京してきたわけ
で、その時点で歴史を見ているような感じもしたのである。

昭和30年代までは、数々の外来名演奏家もステージに立って名演奏を
繰り広げたのだが、ここもまた東京文化会館の完成によって使命を終
えたと言えるかも知れない。

5回に満たない回数しか行ったことのない身にしてみれば、ノスタル
ジーのようなものすら感じないというのは、何ともドライな感情しか
持ち合わせていないのは申し訳ないような気もする。
                            [続く]

《クラシックのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
器話§懐かし音楽会場[5]日比谷公会堂 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる