混話§お酒を呑む時はというと

お酒を呑みに行って、一軒の店で何種類のアルコール飲料を呑むのか
考えてみた。

イタリア料理屋とかのように気取った西洋風の店は別にすると、ほぼ
100%の店で“とりあえずビール”をしているのである。これが、
ビール主体の店だったりすると、ひたすらビールだけを呑んで店を後
にするのだ。

それが和風の料理屋だとすると、当然“とりあえずビール”を頼み、
1杯程度にとどめて日本酒に移行する。それでも銘柄を一回くらいは
変えて二、三合を呑んで終わり。

要するにビール~日本酒でおしまいということなのだ。そこで最後に
焼酎をもらうとか、そういうことはしない。巷では“ちゃんぽん”は
いけないとか、そういう“常識”のようなものが存在するのだが、そ
ういったことにこだわっているわけではない。

何となくというか、一回の酒席であまり多くの酒の種類を呑まないよ
うに考えているだけのことである。

それでも例外はあって、カクテルを呑みにバーに行く時などは、3種
類とかそれ以上のカクテルを注文したりもする。そういう時の締めは
シングルモルトになり、なーんだ結局は数種類も呑んでいるではない
かということもまた確認したのだった。

【去年の今日】逍話§ベルリンを歩く(3)ライヒスターク

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック