凍話§フランケン産のアイスワイン

小川町の“F”に、軽くビールを呑みに行って、あれこれの品定めを
していたら「珍しいものがありますよ」と、フランケン独特の丸いボ
トルを出してきた。ずいぶんと前の話である。

ハーフボトルの大きさで“アイスワイン”なのだった。相変わらず、
ワインに関しては音痴のままだが、当然ながら好奇心はあるのでビー
ルをリットルジョッキでやっつけた後、食後酒として軽く1杯注いで
もらう。

……既にしてワインと呼べるような存在ではない。フランケンだった
ら独特の酸味があったりするわけだが、アイスワインという呼び名の
とおり、糖分以外はすべてどこかに消えてしまい、馥郁と豊かな甘み
が口の中に広がって、あっという間に喉の奥に消えていったのだ。

お代わりを……と言いたかったが、こういうものをガバガバ呑んだら
馬鹿である。もうひと口というところ、ぐっと押さえて店を出た。

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック