超話§半端ではなく このところ寒い

朝起きて温度計を見る。壁に掛かった我が家の温度計は室内と戸外の
気温を読み取れる。今朝の外気温は2.7度だった。

デジタル表示の下にあるボタンを押すと、最高気温と最低気温も見る
ことができる。現在表示される最高と最低は、今年の元旦にリセット
していて、1月1日以来の我が家の最低外気温は0.3度である。

辛うじて氷点下にはなっていないのだが、車の屋根は霜で真っ白にな
っているし、土には霜柱が立っている。ここ数日の東京の寒さは久々
に“凍える”と思わせるものがあり、去年の冬は2回しか着なかった
ライナー付きの上着を毎日来て出かけている。普段は手袋のお世話に
なることはほとんどないが、雪が降った水曜日は、毛糸の帽子に手袋
なしでは悲しいものがあっただろう。

天気図を眺めると“西高東低”の典型的な冬型の気圧配置で、シベリ
アの冬将軍的な高気圧とオホーツク海の発達した低気圧の間の日本列
島あたりでは、等圧線が北から南にまっすぐになっている。天気図を
書いていた頃は、記入する範囲内に高気圧と低気圧がそれぞれ一つづ
つだけで、考えなくても等圧線を書き込めたくらいである。

とにかくも今年の東京は寒いのである。ところが、なぜかミュンヘン
あたりは暖かくて、24日あたりの外気温が22度だったりしている。

【去年の今日】寒話§蕎麦屋で小鍋と日本酒と

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック