待話§桜の蕾~あと二か月もすると

桜並木で枝を見上げたら、枝先のそこここに固くて小さい蕾らしきも
のが見えた。

大寒を過ぎたばかりで、いくらなんでも早過ぎるのではと思ったが、
あと2か月もすれば桜は咲くのである。もちろんそこに至るまでには
二つも三つも寒さの山を乗り越えることになり、時には先週のように
雪など積もったりもすることだろう。

冬の寒さにばかり気を取られてしまっているが、どっこい冬至を越え
た太陽は、着実に南回帰線から北回帰線に向かって北上を始めている
わけで、気温は低くとも背中に浴びる陽射しは何となく暖かい感じが
する。

まあ、蕾があるからといって彼岸あたりまで寒さが続くことは確実に
決まっているわけだが。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック