冷話§お酒を呑む順番である

焼肉屋に入って例えば“カルビ”を注文するとして、いきなり特上カ
ルビを食べて、その後上カルビ→並カルビという順番で食べるはずは
ないだろう。……今や、そんな大喰らいなどできはしないが。

普通はおいしいと思われるほうに向かっていくわけなのだが、お酒を
呑む時はその逆をやっている。先に高くてうまい酒を呑んで、徐々に
安くてうまい酒に移行していくのだ。

酒を呑むということは、イコール感覚を麻痺させてもいるわけで、だ
から最初にうまい酒を呑んでおくのが正しい呑り方だと言えるのだ。

それを実践したのが先週のことで、やけに調子がいいという自覚もあ
り、生ビールで喉のウォームアップをしたところで、一合1000円也の
うまいところを注文して、じっくりと味わった。やっぱり酒の濃度が
違うというか何というか……である。

本当は同じ酒で続けたいところではあるのだが、諸々の事情もありで
一合700円に切り換える。富山の“T”はキレがいいので、昔から
好んで呑んでいた。濃度のある酒の後にキレのいい酒という選択にも
満足する。

呑む気満々というのは、この日のようなコンディションを言うので、
このところの塩梅からすれば、もう半合でというところを調子に乗っ
た勢いで、一合600円也を注文。これが締めにふさわしくあっさり
としたもので、これまたスイスイといけてしまった。日本酒三合など
本当に久しぶりであった。

これで順序を逆にしていたらどうなっていただろうかと想像はするが
……実際に試してみようとは思わないなあ。

《日本酒のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック