ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕話§雪かきをやってみると

<<   作成日時 : 2008/02/06 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

節分だった日曜日の東京は、ほぼ一日雪が降り続いた。

我が家のあたりもまた10cmほどの積雪があって、青空駐車場に並んだ
車の中には、ワイパーを立てていないのもあったりして、大丈夫かと
気になりもしたのである。

雪は降り続いていたが、昼過ぎに雪かきに出た。毛糸の帽子に手袋、
足は“札幌”印のゴム長靴という、ほぼ完全装備で、数年前に買った
プラスチック製の幅広スコップで歩道の雪かきに精を出した。

積もったままの雪は簡単に除けることができるのだが、東京あたりの
湿った雪は、人が歩いて踏まれてしまうととたんに重くなって鉄製で
ないスコップだとけっこう難儀をする。何年か前の大雪の時は、まだ
体力もあったのか、団地の外の歩道をある程度まで除けることができ
た。北側の歩道の雪は、放置しておくと夜の間に凍結して、翌日歩く
のに滑りやすくて危険きわまりない。

10年ほど前に、我が家近くの下り坂で滑ってしたたかに尻を打って、
大きなアザをつくってしまった。そういうこともあって、自分のため
だけでなく人のためにもなるのだという思いでの雪かきだったのだ。

一時間ほどの雪かきが終わると、すっかり握力がなくなっていた。

《天気のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
僕話§雪かきをやってみると ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる