元話§十八歳は“未熟”か?

どうなんでしょうね?

自分自身を思い返してみると、相当に“未熟”だったような気はする
が、だからといって“はたち”になった時とさほど大差はなかったよ
うにも思われる。

それは単に学生生活が継続していたからとかいう理由ではなく、いわ
ゆる社会生活というものを根本的に理解していない部分が大きかった
ということでもある。

まあ、社会生活を理解していないというのであれば、年齢とか社会的
地位とかとは無関係に、年寄りにだって相当ひどい輩は存在するのだ
から、年若いことをもって未熟だと言うのもまた意味があるとは思え
ない。年齢とかと関係なく常に常識人と非常識人は存在するのだ。

とまあ、ここまで書いてみて“それでは18歳を成人にするや否や”と
問われれば、基本的に賛成の側である。もちろんのことだが、成人と
いう立場にはメリットやデメリット、義務や責任といったものも生じ
るということを、受け容れる“大人”の側が、何らかの形できちんと
知らしめる努力は怠るべきではない。

ニュースでは、成人式で騒ぐ馬鹿どもばかりがクローズアップされる
のだが、そうでない同世代の人間のほうが圧倒的に多いのは言うまで
もないことである。

【去年の今日】尻話§タモリ倶楽部『空耳アワード』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック