還話§確定申告書を提出する

去年一年は医療費があれやこれやとかかった。それにささやかながら
の寄付もしているので、確定申告をして少しでも戻しておきたいのが
人情である。

ここ数年は、国税庁の申告書作成ページで入力したデータをプリント
アウトし、生命保険の払込領収書とか寄付金の領収書を添付して所轄
の税務署に郵送している。以前、税務署の会議室みたいなところで、
手書きの申告書を作成したことがあったが、常駐している税理士みた
いな人の助けがないと、とても書ききれるものではなかった。

今年も入力を始めたら、以前はぞんざいなボックスに適当に書き入れ
るだけだった寄付先が一件一件入力できるようになっていた。医療費
も同様で、通院した病院名や薬局名などをそれぞれ書き込むようにな
っている。

電子申請の勧めもあるのだが、電子署名の認証だとか前もっての準備
に手間がかかりそうで、考慮はしたものの今年は見送ることにした。

ささやかではあるが“チリ積も”な額が戻ってきてくれるはずだ。

【去年の今日】詣話§二月大歌舞伎『二の午』の日

この記事へのコメント

2008年02月20日 09:46
確定申告…。以前、この時期は戦場のようでしたが今はその悩みはありません。無駄な税金は払うべきではありません。少しでも戻って来ると良いですね(^_^)。
2008年02月20日 12:55
そりゃもう!(笑)

一円でも多く戻ってくれればです!
2008年02月20日 21:12
今回が最後の青色申告です。
この時期は毎年頭が痛かった、そこから解放されると思うと天国です。
2008年02月20日 21:56
……とりあえず、お国は取れるだけ
ふんだくっていきますからね。そこ
から、理不尽にふんだくられた分を
しっかり取り返すのは、源泉徴収も
青色申告も似たようなものだと思い
ます。確かに申告をしないでも済む
といえばそうなのですが、それでは
取られ損なわけですよ。来年はその
あたりをとりあえず注意しておきま
しょう。

この記事へのトラックバック