誤話§審判員としての正義感が強すぎる

Jリーグが開幕した。

タイトルは、当分(1シーズン)Jリーグの審判担当からはずれること
になったスペシャル・レフェリーであるI氏の弁。

彼のレフェリングをテレビで見たのは一度だけで、その時は大過なく
試合が終わったので、何か感想を持ったわけではない。ただ、今回の
騒ぎでサッカー協会が下した処分に対する彼の言葉の一部に何となく
引っ掛かるものを感じたのだ。

自分は正義感が強いから……

なる発言である。正義感を持つ、そのこと自体は悪いわけではない。
映像を見ている範囲で感じられる問題は、彼自身のアンバランスさで
不正を許さないという姿勢よりは“俺様の言うことを聞かない奴はこ
れだ!”とカードを出しているような印象が強いことなのだ。

彼の意識の中に、裁く審判は選手より偉いのだという“上下関係”が
存在しているのではないだろうか。競技を進行していく時に、選手と
審判に上下関係というものは存在せず、当然のことながら対等の関係
で進んでいくべきものだと思われる。

選手は勝つために試合をするが、審判はその選手達の中にあって、円
滑な試合を運営するという使命を帯びている。その際に、正すべきも
のを正すというだけの話で、高い(と勘違いしている)位置から威丈高
にジャッジメントをしてはならないのだ。

I氏の言葉を聞きつつ彼の審判姿を見ていると、世間にたまにいると
思われる、自分を“神”だと信じこんでいる御仁のような気がする。
だから、仮に彼がジャッジメントの高度な技術を持っているとしても
今のような目線での審判を続けるのであれば何も変わることはないだ
ろう。

《サッカーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック