電話§ワープロとフロッピー[中]

[承前]

1990年代に入ると、パソコンにワープロ機能が搭載されるようになり
インターネットの普及と相俟って、時代はパソコンという流れになり
つつあった。

それでも、会社などでは文書作成としてのワープロが重宝されていて
そんな時代は10年近く続き、文書作成に使うフロッピーは2HD主流
という時代になったのである。

だから個人的にフロッピーという記憶媒体には、捨てがたい愛着を持
ち続けていたのだ。そこそこの大きさでしかも薄く、なおかつ存在感
も持ち合わせている、実に重宝なツールだったのだ。

1994年、最初に我が家に来たパソコンにはフロッピードライブが内蔵
されていて、確か300MBそこそこのハードディスクを補完してくれ
ていた。そのパソコンもインターネットの波の中で、あっという間に
老朽化して、やって来た二代目には……フロッピードライブが内蔵さ
れていなかった。

それでは困るので、外付けのドライブを購入して使うことになったの
であるが、徐々にフロッピーのお世話になることが少なくなった。ハ
ードディスクの容量が大きくなったことと、記憶媒体としてCD-Rあた
りを活用するようになったからである。
                            [続く]

★ヴォルテールの言葉★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック