$話§1ドルが100円を切る

銀行でドルを両替するレートが1ドル100円を切った。アメリカの
FRBが緊急に利下げをした結果、今日のキャッシュレートは、再び
100円を超えている。

明らかにアメリカの経済がおかしくなっている。色々と見ていると、
日本のバブル崩壊時と似たような状況に陥っているようでもあるらし
く、迅速な“不良債権”の処理が求められるということなのだ。

日本のバブル処理の時は――事の良し悪しはともかく――政府の公的
資金注入が遅れたおかげで、さまざまなところが破綻したわけだが、
現在のアメリカ政府もどう対応したものかと手をこまねいているよう
に思われる。

今や、経済活動が一国の内で完結することなどありえず、様々な形で
地球上に影響を及ぼしていく時代なのである。だから“対岸の火事”
だなどと高みの見物などしてはいられない。

そうであるのに我が日本はと見れば、日銀総裁人事が縺れまくってい
て、経済運営などまったく頼りない状況ではないか。

年に一度の海外旅行ごときで、円高を希望するというのも身勝手な話
だということは重々承知しているが、ならば日本にとっての適正な為
替レートというものがいかほどのものか、いまだにわかっているわけ
ではない。

ただ、このところ続いている石油価格の上昇も、ドル安でいくぶんか
緩和されているような気がしないでもない。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック